Baby steps to migratory bird

元半導体系エンジニア、今Webエンジニアの雑記

【参加メモ】第1回 Nuxt.jsハンズオン 初心者編

最近Vueのチュートリアル触ったし、Nuxtも触ってみたいなと考えてたところでライブ配信ありの情報を見つけたのでリモート参加してみた。

frontend-temple.connpass.com

ハンズオンの資料はリンク貼っていいかわからないので貼らないけれど、 イベントページからslack参加すると当日のハンズオンチャンネルがあるのでそこで見られる (エラーの対応ログも残ってるので良きです)。

配信動画は今は見られないみたい。

参加のモチベーション

Nuxtなんぞ?を触りながら感じたい

Nuxtの特徴

  • 環境構築が楽
  • ディレクトリ構成が決まっている
  • Vue.jsはインターフェースが整っているので、誰でも同じ様に書ける。
  • Sassが使える
  • HTMLそのまま使える(JSX書かなくて良い)
  • 動きをつけやすい
  • モジュールが便利
  • 静的サイトジェネレータ

途中で

Nuxtは学習コストが低いわけではなく、
インターフェースが整っているだけ

というコメントがあったのはなるほどなぁという感じだった。

ハンズオンの流れ

最初にサーバー起動して以降は ほぼVueのハンズオン的な感じで進み、 こちらも流行りのNetlifyを利用して静的サイトをデプロイして終了。

といった感じだった。

Nuxtを使いこなす、というところまではいかないけれども、 最後にデプロイできる体験はハンズオンとして良いなぁと思う。

まとめ

  • まだVueをまともに触ったことない人はまずはVueからちゃんとやった方がいい感じ。
  • Nuxtを触りたいモチベーションって普段フロントでVue触ってて、サーバーサイドのハードル下げつつアプリを作りたいところにあるのでは。
  • 逆に普段Railsなどサーバーサイド触ってる立場からすると、そこにVueを組み込むのが早いと思う。

    →なのでちゃんとやるなら、自分もまずはVueかなと。